So-net無料ブログ作成

14.東偏1度の基軸に合わせた別の配置を仮想してみる [武蔵国分寺の不思議を探る(テキスト版)]

Ⅱ.草創期の区割りと配置

14.東偏1度の基軸に合わせた別の配置を仮想してみる
14.jpg

①オレンジ:塔と真姿の池湧水を結ぶ中軸線(東偏1度)上に金堂・講堂を並べた配置図
②水色:塔と真姿の池湧水を結ぶ中軸線(東偏1度)と平行に中枢部中軸線を引いた配置図

機能と景観・中軸線を傾けたわけ
①を採用できない理由として考えられること:
・崖線の南100mあたりを流れる元町用水に沿って土地が最も低く、その南の元町通りに向かって中華鍋の底から縁に向かうような地形になっている。湧水の南側、現在の元町通りまでの150mほどは湧水による浸食を受けており、本格的な建築物が建てられない湿地だったと思われる。
・寺院経営の台所にあたる「大衆院:廚屋(くりや)、竈屋(かまどや)、維那房(いなぼう)、井屋、碓屋(うすや)」や「水源管理部署」はなるべく水源に近づけなければならないが、塔の北側に中枢部を置けばその背後はすぐに湿地帯となり、「大衆院」や「政所院:寺務を行う施設」を置くスペ-スがなくなる。
・「大衆院」「政所院」を置くために塔をさらに南に置けば湧水と塔は400~500mも離れてしまう。崖線の表情がわかる距離は350m位までといわれているが、その範囲をはるかに超えてしまい、塔と崖線の景観的意味が失われる。
・水を使う「大衆院」を塔の北側に置くことを優先し、中枢部を塔の西側に移す以外になかった。

②を採用できない理由として考えられること:
・崖線が「開いた扇の縁」のように湾曲しているため、水色の線では丘の連なりに対して斜めに入角してしまい、参道から眺めた景色が格好悪くなる。これは現地に立ってみるとよくわかる。

以上から、斜めの中軸線は機能と景観の両面重視でデザインされたプランだったことがわかる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

13.古寺院区画の中枢部中軸線を推定する [武蔵国分寺の不思議を探る(テキスト版)]

Ⅱ.草創期の区割りと配置

13.古寺院区画の中枢部中軸線を推定する
13.jpg

塔から「I」への方位ラインを四等分し、塔側から四分の一のところに中軸線が交わるように、また、傾きは東西の辺と平行(つまり南辺と直角)に引いてみる。

再びの疑問
塔の中軸線が南北軸であるのに対して、敷地の区画のほうをわざわざ斜めに傾けてある、その目的は言うまでもなく、中枢部中軸線を斜めに引くためだろう。中枢部の配置を左図のように推定した。

「塔からI」への方位ラインを四等分し、塔側から四分の一のところに中軸線が交わるように、また、傾きは東西の辺と平行(南辺と直角)に引いてみた。現存遺構では、「塔からI」の方位線の真ん中を中軸線が通過している。その現存遺構は古寺院区画の考え方が踏襲されたものだと推察される。「古寺院区画の原型」の外周は「塔からI」の中間を通過しており、外周と塔の中間に中軸線を設定したものが左図である。

しかしここであらためて疑問がわいてくる。この中軸線は何故、塔と真姿の池湧水を結ぶ東偏1度の中軸線(基軸)と平行ではいけなかったのだろうか。
①まず、10項で述べたように、3つの湧水を均等に取り込むように塔の場所が決定されたにもかかわらず、なぜその中軸線上に、南大門・中門・七重の塔・金堂・講堂を並べなかったのか、これが11項で宿題にした第一の疑問だった。
②そうは出来なかった理由があるとしても、それなら塔の東側に、東偏1度の中軸線(基軸)と平行になるよう中枢部中軸線をとればよいではないか。なぜ平行ではいけなかったのか、これが第二の疑問だ。

何故その両方ともができなかったのか。何か理由があるはずだ。その理由を見つけるために、もう一度、原型のほうに戻ってみよう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問