So-net無料ブログ作成

06.塔からの方位線と中枢部中軸線の関係 [武蔵国分寺の不思議を探る(テキスト版)]

Ⅰ.七重の塔を巡る方位線上に区割りと配置を読む

06.塔からの方位線と中枢部中軸線の関係
06.jpg

僧寺中枢部の中軸線は「塔」と北西の角「I-2」を結ぶ線の真中を通過し、「中門」は271度線の上に乗っている。中枢部中軸線は、七重の塔からの方位ラインによって規定されているのだ。

中軸線を塔が規定している
僧寺北西の角「I-2」と「塔」と「C」を結ぶ直線(ピンク線)には重要な役割が担わされている。ここでは塔を中心とする東西軸も加えて、以下の2点について話しておこう。

①北西の角「I-2」は「塔」をはさんで南東の角「C」と対角をなしているが、このラインは「301度-121度線」(オレンジ線)を、塔を中心に1度ほど時計回りに回転させたライン、と考えることもできる。僧寺中枢部の中軸線は、この「I-2」と「塔」を結ぶ線の真ん中を通過している。

②中軸線上にある「中門」は、塔からの271度線の上にあり、塔と中門は東西横並びになっている。このことは、付近の地理に明るい者にとっては意外な感じがする。付近の現在の東西道路は、どれも僧寺中枢部中軸線にほぼ直角に走っているため、七重の塔は中門よりワンブロック分、南にあるように感じられているのだ。しかし、塔からの方位ラインを地図上に引いてみると、塔と中門は寺院地の東西軸上で横並びであることがわかる。
以上のことから、僧寺中枢部の建物配置は、どうやら塔との位置関係に規定されて設計が行われているらしい。そうなると、「中枢部中軸線の角度」が決定されるにあたっても、塔との位置関係が関わっているのではないだろうか。

そこで次に注目したいのが「古寺院地区画溝」だ。寺院地の北東の角「B」と南東の角「C」、そして北辺の溝の奇妙な「折れ曲がり」がいかに決定されたかを探ることで、中枢部中軸線の角度の謎に迫ってみよう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問