So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年10月 |2010年11月 ブログトップ
前の10件 | -

18.尼寺の場所は浸水危険地帯では? [武蔵国分寺の不思議を探る(テキスト版)]

Ⅳ.尼寺の位置をめぐって

18.尼寺の場所は浸水危険地帯では?
18.jpg

かねがね不思議に思っていたことがある。尼寺の北側と北西側は土地が低く湧水に覆われた沼地のような場所だったはずだ。北西の湧水群が大出水した際、尼寺伽藍地の一部(特に尼坊の場所)は、浸水を免れられない場所に当たっていたのではないだろうか。この場所に何故、あえて寺院を作ったのだろうか。

黒鐘の崖は典型的な大湧水地の地形
尼寺の北西側、現在の黒鐘公園を北から西にとりまく崖線は北西側に深くえぐれており、こうした谷戸は豊富な湧水によって浸食された典型的な地形だ。その黒鐘の谷戸からは、近年まで2つの湧水が湧いており、その一つは今でも多雨季になるとわずかに湧出し、かつて沼地だった名残のような浅い池に流入している。おそらく古代は、北西に切り込んだ崖の裾野にたくさんの湧出口があり、現在の黒鐘公園一帯は沼地のようなところだったと思われる。

大量湧出した時、尼寺はその流れを避けきれたのだろうか。黒鐘公園の奥まった場所から開口部側を見渡すと、地面は緩やかながらも南東側が低くなっている。尼坊伽藍地北側の草原には西から東にむかって、河床のような窪地の地形が残っている。ここは今でも水が溜まりやすく、排水用のマンホ-ルが設置されている。この窪地は東への流れの名残だろう。また、現在の地形図の等高線を見ると、湧水の流れは尼寺伽藍地内の西側を通って南へも流れていたのではないかと思われる地形だ。高い基壇を持つ金堂はともかくとして、流れに近い尼坊あたりは浸水したのではないだろうか。

尼寺の周囲には、溝が並んで3本切られている。2本は塀の外、1本は塀の内側という三段構えだ。出水対策のためだろうか。研究者たちはこの溝を、寺院中枢部の基礎を作るための土を掘った跡だと考えられているらしい。しかし、中枢部の基礎を作る土を確保するために、寺院の塀の内側まで掘るものだろうか。

いずれにしても敢えてこの場所に寺院を作るには、余程深いわけがあったに違いない。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

17.参道口からの眺めをイメ-ジする [武蔵国分寺の不思議を探る(テキスト版)]

Ⅲ.計画変更後(現存遺構)の区割りと配置

17.参道口からの眺めをイメ-ジする
17.jpg

朱塗りの南大門へまっすぐ延びる道の先に堂々たる金堂の大屋根。右30度前方には天に伸びる七層のタワ-。左手には尼寺の甍が優美に連なる。それらの造形物が90度の広がりをもって、扇状に取り巻く緑の丘の麓に抱かれている。国分寺崖線という天然の好処を生かした造形美をイメ-ジした時、この広大な寺院の設計意図の全容が理解できる

技術と美の結晶
武蔵国分寺の広大すぎる寺院地、バラバラな中軸線、この配置がどのような作法によるものかが謎だった。金堂が全体の中央に居るからと言って、金堂を中心に全体を配置したと決めつけると謎は一向に解けない。

それを塔から見た方角の中で捉えなおすと、謎は一気に氷解する。まず湧水との位置関係から塔の場所が選ばれ、その塔を中心とした方位のうち、特に南北基軸、東西軸、冬至の日没・夏至の日没の方角を基準とし、そこに「東山道」と「崖地」と「湧水」と「浸水地帯」という地形的条件を加味すると、寺域の角の位置や辺の角度、主要建物の位置など、全ての位置関係に説明がつけられるのだ。

古代人が発明したこの緻密な作法は、極めて精度の高い測量技術がなければ成立しない。私たちはこれまで武蔵国分寺を、広いばかりで回廊もなく溝だらけ、中軸線もバラバラで場当たり的に造営された、所詮は辺境の寺と過小評価してはいなかっただろうか。

現在の東八道路の南に発見された「参道口」方面から崖線の連なりを眺めれば、その美しい広がりの前に過小評価はたちまち吹き飛ぶ。

府中の国府から北上した道が現在の農工大構内で北西に向かい、この参道口で分岐して僧寺南大門にまっすぐ続く。残念ながら、参道口からは建物にさえぎられて崖線を見渡すことはできないが、1200年前の参道の道筋からわずか数メートルしか離れていない現在の生活道路の道筋からは崖線の一部が見通せて、古代のダイナミックな景観をイメ-ジできる。また、南大門推定地南側の原っぱ(公有地)は参道の真上にあたり、この場に立って参道からの眺めを体感できる。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

16.僧寺金堂が、尼寺を含めた全体の中央に位置する [武蔵国分寺の不思議を探る(テキスト版)]

Ⅲ.計画変更後(現存遺構)の区割りと配置

16.僧寺金堂が、尼寺を含めた全体の中央に位置する
16.jpg

僧寺金堂から北辺の溝までの距離 ≑ 僧寺金堂から南辺の溝までの距離
僧寺金堂から寺院地南東の角「C」までの距離 ≑ 僧寺金堂から尼寺伽藍地南西の角「M」までの距離

伽藍配置の特徴
①塔と「I」の真ん中を中軸線が通り、その結果、中門と塔の距離は200m以上開いた。中門と塔は東西軸上で横並びとなっている。中軸線の角度は東辺と平行、つまり古寺院区画に仮想される中枢部中軸線が西に平行移動されたものと思われる。

②僧坊を東西に配置。他国の国分寺では、僧坊を講堂の背後に置くケ-スが圧倒的に多いが、武蔵国分寺の場合、崖線の際から現在の元町通りまでは浸水の可能性があり中枢部をこれ以上、縦長に出来ない。この中に金堂、講堂、僧坊までも縦に並べれば建物間が近くなり、広大な伽藍地にはそぐわないため、僧坊を東西に置いたと思われる。

③浸水を避けられる元町通り以南、中門の場所までを中枢部域と定め、中門と金堂と講堂が等間隔となるように配置された。縦軸に僧坊を入れないため、建物間の距離がかなりゆったりとしている。

④金堂から北辺溝までの距離と南辺溝までの距離とがほぼ等しい。また、僧寺金堂から南東角「C」までの距離と尼寺伽藍地南西角「M」までの距離とがほぼ等しく、僧寺金堂が全体の中央に位置している。これは、僧寺中枢部中軸線が「I―塔」間の1/2地点に交差するよう配置されているため。(「I―塔」間の1/2の場所は、「I―C」間においては西からおよそ1/3にあたり、東山道の西に尼寺を置いた全体においては中央となる。)

⑤「大衆院」「政所院」が塔の北側に、「修理院」が寺院地南西の一角に、「薗院・花苑院」が塔の南側にあったと推定されている。(いずれも未調査)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

15.計画変更が行われた(現存の遺構の位置へ) [武蔵国分寺の不思議を探る(テキスト版)]

Ⅲ.計画変更後(現存遺構)の区割りと配置

15.計画変更が行われた(現存の遺構の位置へ)
15.jpg

最終的に僧寺中枢部は東山道寄りに建設され、東山道の西側に尼寺が建設された。これにともない、古寺院区画溝「A-D」は埋め戻された。黄色い線が現存遺構における主要施設の中軸線。

ここまでのまとめ
①塔は3つの湧水を背後に背負う場所に建てられ、中央の湧水と塔を結ぶ東偏1度線の左右30度の角度に両側の湧水が取り込まれている。

②僧寺寺院地の南西と北西の角は、塔から見た日没の範囲(冬至~夏至)を示す。同時に、塔の位置によって寺院地の南北の距離が決定されている。

③現存の遺構の僧寺中枢部中軸線は「寺院地北西の角」と「塔」を結ぶ線のちょうど真ん中を通過している。また、僧寺中門は「塔-湧水基軸」に対して直角の「東西軸」上に置かれており、中門と塔は東西横並びの関係になっている。

④現存の僧寺中枢部中軸線の少し西側に、一旦掘られて埋め戻された区画溝跡「A-D」が発掘調査で確認されている。これは武蔵国分寺の草創期、現存の僧寺伽藍地区画よりも古い時期に区画された溝と考えられている。

⑤「古寺院地区画」に「原型」(塔-湧水基軸に対して左右均等で湧水後背地の崖上を含む)があったと仮定し、「原型」を左に傾斜させて遷したものが「古寺院地区画」との仮説が成り立つ。

⑥「古寺院地区画」を左に傾斜させたのは、中枢部を塔の西側に置き、かつ、中枢部中軸線を崖線にまっすぐ入角させるために軸を西偏させる必然性があったから、との仮説が成り立つ。

⑦最終的には僧寺中枢部を東山道寄りに造営するよう計画変更が行われ、それにともない「A-Dの溝」のみが埋め戻され、北辺、東辺、南辺の区画溝はそのまま計画変更後の区画に使われた。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

14.東偏1度の基軸に合わせた別の配置を仮想してみる [武蔵国分寺の不思議を探る(テキスト版)]

Ⅱ.草創期の区割りと配置

14.東偏1度の基軸に合わせた別の配置を仮想してみる
14.jpg

①オレンジ:塔と真姿の池湧水を結ぶ中軸線(東偏1度)上に金堂・講堂を並べた配置図
②水色:塔と真姿の池湧水を結ぶ中軸線(東偏1度)と平行に中枢部中軸線を引いた配置図

機能と景観・中軸線を傾けたわけ
①を採用できない理由として考えられること:
・崖線の南100mあたりを流れる元町用水に沿って土地が最も低く、その南の元町通りに向かって中華鍋の底から縁に向かうような地形になっている。湧水の南側、現在の元町通りまでの150mほどは湧水による浸食を受けており、本格的な建築物が建てられない湿地だったと思われる。
・寺院経営の台所にあたる「大衆院:廚屋(くりや)、竈屋(かまどや)、維那房(いなぼう)、井屋、碓屋(うすや)」や「水源管理部署」はなるべく水源に近づけなければならないが、塔の北側に中枢部を置けばその背後はすぐに湿地帯となり、「大衆院」や「政所院:寺務を行う施設」を置くスペ-スがなくなる。
・「大衆院」「政所院」を置くために塔をさらに南に置けば湧水と塔は400~500mも離れてしまう。崖線の表情がわかる距離は350m位までといわれているが、その範囲をはるかに超えてしまい、塔と崖線の景観的意味が失われる。
・水を使う「大衆院」を塔の北側に置くことを優先し、中枢部を塔の西側に移す以外になかった。

②を採用できない理由として考えられること:
・崖線が「開いた扇の縁」のように湾曲しているため、水色の線では丘の連なりに対して斜めに入角してしまい、参道から眺めた景色が格好悪くなる。これは現地に立ってみるとよくわかる。

以上から、斜めの中軸線は機能と景観の両面重視でデザインされたプランだったことがわかる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

13.古寺院区画の中枢部中軸線を推定する [武蔵国分寺の不思議を探る(テキスト版)]

Ⅱ.草創期の区割りと配置

13.古寺院区画の中枢部中軸線を推定する
13.jpg

塔から「I」への方位ラインを四等分し、塔側から四分の一のところに中軸線が交わるように、また、傾きは東西の辺と平行(つまり南辺と直角)に引いてみる。

再びの疑問
塔の中軸線が南北軸であるのに対して、敷地の区画のほうをわざわざ斜めに傾けてある、その目的は言うまでもなく、中枢部中軸線を斜めに引くためだろう。中枢部の配置を左図のように推定した。

「塔からI」への方位ラインを四等分し、塔側から四分の一のところに中軸線が交わるように、また、傾きは東西の辺と平行(南辺と直角)に引いてみた。現存遺構では、「塔からI」の方位線の真ん中を中軸線が通過している。その現存遺構は古寺院区画の考え方が踏襲されたものだと推察される。「古寺院区画の原型」の外周は「塔からI」の中間を通過しており、外周と塔の中間に中軸線を設定したものが左図である。

しかしここであらためて疑問がわいてくる。この中軸線は何故、塔と真姿の池湧水を結ぶ東偏1度の中軸線(基軸)と平行ではいけなかったのだろうか。
①まず、10項で述べたように、3つの湧水を均等に取り込むように塔の場所が決定されたにもかかわらず、なぜその中軸線上に、南大門・中門・七重の塔・金堂・講堂を並べなかったのか、これが11項で宿題にした第一の疑問だった。
②そうは出来なかった理由があるとしても、それなら塔の東側に、東偏1度の中軸線(基軸)と平行になるよう中枢部中軸線をとればよいではないか。なぜ平行ではいけなかったのか、これが第二の疑問だ。

何故その両方ともができなかったのか。何か理由があるはずだ。その理由を見つけるために、もう一度、原型のほうに戻ってみよう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

12.「原型」を左に傾ける [武蔵国分寺の不思議を探る(テキスト版)]

Ⅱ.草創期の区割りと配置

12.「原型」を左に傾ける
12.jpg

121度線上に乗っている「黄色い枠の南東の角」を支点として左に傾けて行き、南辺の延長線が「J」に到達するところで回転を止めたものが「黄緑色の枠」だ。

古寺院区画の角と辺が決定された筋道
「黄色い枠」の北辺を中軸線との交点で折り曲げた場所はピンクカメムシの頭の位置に来た。「古寺院地区画」北辺の折れ曲がりは、「原型における北辺と中軸線の交点」が移されたものだったことがこれでわかった。

次に、「黄緑色の枠」の折れ曲がりから西側は角地「I」に向かわなければならないので、そのように線を引きなおす。西辺はピンクとほぼ重なっているが、ピンクよりやや傾きが大きくなっている。

東辺はと言うと、リオン湧水が「黄緑色の枠」の外に飛び出してしまった。そこで、「黄緑色の枠」の南東角を、直角を保ったまま121度線上を外へ向かって滑らせる。東辺がリオン湧水を内側に取り込み、南辺の延長線が「J」に到達するところまでエリアを拡大する。

この時、121度線上にある「南東の角」を「C」の位置にずらすという操作がなされている。つまり「301度-121度線」を塔を中心に1度ほど時計回りに回転させ「I-2」の位置まで移動させてやれば、「121度線」上に乗っている「古寺院地区画南東の角」は「C」の位置に移される。二つの「I」を利用したわけだ。地上面では数mの移動だが、南東角を「C」に移した結果、東辺の傾きが少し小さくなる。こうして「B」「C」が決定される。設計者が東辺の傾きを小さくしたかったのは、東辺の傾きが中枢部中軸線の傾きを決定するからだろう。その東辺と平行になるように西辺の傾きを修正する。こうして「A」「D」が決定される。

「古寺院地区画」の辺や角は任意に決められたわけではなく、塔と湧水の位置関係を中心に置いた「原型」を遷したものだ。いわば「写し」と言っていいだろう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

地図資料-3:武蔵国分寺の立地と配置の謎を考える地図 [マップ]

武蔵国分寺立地と配置の謎を考える地図タイトル.JPG


●a.崖線地形(崖地・谷戸・低湿地・湧水)と寺院地の関係をイメージ図で見る 畑中久美子作成
a.崖線地形(崖地・谷戸・低湿地・湧水)と寺院地の関係をイメージ図で見る.JPG


●b.崖線地形(崖地・谷戸・低湿地・湧水)と寺院地の関係を等高線で見る 畑中久美子作成
b.崖線地形(崖地・谷戸・低湿地・湧水)と寺院地の関係を等高線で見る.JPG


●c.武蔵国分寺の7つの不思議 畑中久美子作成
c.武蔵国分寺の7つの不思議.JPG


●d.塔を巡る12方位上に寺院施設配置を読む 畑中久美子作成
d.塔を巡る12方位上に寺院施設配置を読む.JPG




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

地図資料-2:遺跡と地形マップ集 [マップ]

●遺跡と地形絵図(武蔵国分寺域) 畑中久美子作成
遺跡と地形絵図(武蔵国分寺域)jpeg.JPG


●遺跡と地形絵図(武蔵国分寺跡・国府跡複合絵地図) 畑中久美子作成
遺跡と地形絵図(武蔵国分寺跡・国府跡複合絵地図)jpeg縮小.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

地図資料-1:武蔵国分寺跡周辺エリアマップ集 [マップ]

●国指定史跡武蔵国分寺跡 平成20年3月 国分寺市教育委員会編集・発行
武蔵国分寺跡全体地図カラ-.JPG


●国分寺崖線の湧水と史跡(国分寺市) 畑中久美子作成(google map)

より大きな地図で 国分寺崖線の湧水と史跡(野川源流域・国分寺市) を表示
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | -
-|2010年10月 |2010年11月 ブログトップ